Speedmaster/スピードマスター

オメガ(OMEGA)スピードマスター(3510-50)シューマッハモデルのオーバーホール・竜頭取り付け・プッシュボタン交換を致しました。 お客様より竜頭がなくなりプッシュボタンの調子が悪いとお問合わせを頂きました、 原因はショックによる竜頭の外れ、プッシュボタンの摩耗・劣化で御座いました。 機械式の時計に致しましてはショックに弱く2年~3年に1回メンテナンス(オーバーホールを)しませんと汚れ・油切れ(4年で油が枯れます)・部品の焼付け等々により誤作動または稼動しなくなる場合があり, それが続くと時計の部品に対しても良くありません(故障の原因になります/部品の摩耗・劣化による部品交換等々)。 またストップウオッチ(プッシュボタン)を押す際はゆっくり深く押し込んで下さい,早く押す又は数回連続で押しますとボタン内部のバネが戻らないままひっかかって止まり(折れ・曲り)故障の原因になります。

オメガ(OMEGA)スピードマスター(3511-50)のオーバーホール・プッシュボタン取り付けを致しました。 お客様よりプッシュボタンが取れたとお問合わせを頂きました、 原因はショックによるボタンの外れ、3番車の摩耗で御座いました。 機械式の時計に致しましてはショックに弱く2年~3年に1回メンテナンス(オーバーホールを)しませんと汚れ・油切れ(4年で油が枯れます)・部品の焼付け等々により誤作動または稼動しなくなる場合があり, それが続くと時計の部品に対しても良くありません(故障の原因になります/部品の摩耗・劣化による部品交換等々)。 またストップウオッチ(プッシュボタン)を押す際はゆっくり深く押し込んで下さい,早く押す又は数回連続で押しますとボタン内部のバネが戻らないままひっかかって止まり(折れ・曲り)故障の原因になります。

オメガ(OMEGA)スピードマスター プロフェッショナル(Ref.3570-50)のオーバーホール&修理を致しました。 お客様よりバイクで転んでスピードマスターが動かなくなり風防が割れてしまったとの事で検査をさせて頂きました。 内部部品はゼンマイ切れ・3番車の劣化で御座いました、大きな事故でしたのに他の部品が破損しなかった事は幸いで御座いました。 機械式の時計はショック(衝撃)に弱いので特に注意が必要になります、事故以外でも特にスポーツ(ゴルフ・テニス等々)には十分にご注意下さい。

オメガ(OMEGA)スピードマスター(3570-50)のオーバーホール・修理を致しました。 時計が動かないとの事で検査をさせて頂きました。 原因はゼンマイ切れと4番車の摩耗・3番車の摩耗・プッシュボタンの不良・夜光が剥がれていますので塗布を承らせていただきました。 基本的に機械式の時計に致しましては2年~3年に1回メンテナンス(オーバーホールを)しませんと汚れ・油切れ(4年で油が枯れます)・部品の焼付け等々により誤作動または稼動しなくなる場合があり, それが続くと時計の部品に対しても良くありません(故障の原因になります/部品の摩耗・劣化による部品交換等々)。 ストップウオッチ(プッシュボタン)を押す際はゆっくり深く押し込んで下さい,早く押す又は数回連続で押しますとボタン内部のバネが戻らないままひっかかって止まり(折れ・曲り)故障の原因になります。

オメガ(OMEGA)スピードマスター(3510-50)のオーバーホール・修理を致しました。 時計が遅れる・止まるプッシュボタンがリセットしないとの事で検査をさせて頂きましたが、 摩耗によるギヤ(歯車)の劣化・ショック(衝撃)によるプッシュボタンの不良で御座いました。 基本的に機械式の時計に致しましては2年~3年に1回メンテナンス(オーバーホールを)しませんと汚れ・油切れ(4年で油が枯れます)・部品の焼付け等々により誤作動または稼動しなくなる場合があり, それが続くと時計の部品に対しても良くありません(故障の原因になります/部品の摩耗・劣化による部品交換等々)。 ストップウオッチ(プッシュボタン)を押す際はゆっくり深く押し込んで下さい,早く押す又は数回連続で押しますとボタン内部のバネが戻らないままひっかかって止まり(折れ・曲り)故障の原因になります。

オメガ スピードマスター(3510-50)のオーバーホール・修理(水入り)を承りました。 お客様より時計が止まるとの事で検査をさせて頂きましたが、 外見では文字盤のシミ汚れで御座いましたが、内部では湿気が侵入して時間も経過していた為に相当数の部品が錆びていました。 出来るだけ錆の処理を致しましたがギヤ(歯車)等・機止め板・ボタンの交換をさせて頂きました。 オメガ スピードマター(3510-50等々)は日常防水時計で御座いますので水(雨・汗・手洗い等々)には特に普段から十分な注意が必要になります。

オメガ スピードマスター プロフェッショナル(3570-50)のオーバーホールを致しました。 御得意様で前回のオーバーホールは2010年になりますので8年ぶりの―バーホールになります。 今回はショックの為、ゼンマイの交換・機止めネジの交換・香箱芯の交換とご希望で併せて全体仕上げ(ケース・ブレス・風防磨き)を致しました。 機械式の時計に致しましては精密機械でショックには非常に弱いので普段から注意が必要になります。

他社様で修理を断られましたオメガスピードマスターをオーバホール・修理をさせて頂きました。 ユーザー様が10年間ご使用のオメガ(スピードマスター/3510-50)ですが、 他社様に見積りを出した処錆びの為修理不可との事で 私共で御見積&修理をさせて頂きました。 内部部品(パッキン・ゼンマイ等々)の交換・機械の調整で41.990円で御座いました、...

時計の磁気帯の注意★オメガスピードマスター(3513-50)の磁気帯びのオーバーホールを承りました。

オメガ(OMEGA)スピードマスターご使用の注意点 ☆オメガ スピードマスター(3513-50/カレンダー付き)のオーバーホールを致しました。

さらに表示する